教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

任侠ヘルパー


最近、いろいろと気持が定まらずにいました。
そういう時はブログの更新もしないままに・・・。
気持が動かないと書けません。


久しぶりに、感情移入したドラマが来た。
『任侠ヘルパー』 最終回でしたね。
介護の現場にいらっしゃる方々にとっては、いろいろと考えるところもおありでしょう。
異論も反論もきっと。

それでも、私はこのドラマが好きでした。
何がといえば、「どうにもならないことと知っていて、それでもやる」こと。
登場人物達が、キレイゴトを言わないこと。
切ないけれど、暗い結末ばかりではなくて、どこか救いがあること。
みんないい人ぶったりはしない。
どちらかといえば、私利私欲に走って、自分のことしか考えないようで、
それでもその人の本質が、偽善に対して、権力に対して、黙っちゃいないのですね。
ココロは嘘をつけないってことですか。


「これが俺達のスジの通し方だ!」
草彅剛クンの啖呵、シビレマシタ・・・。


スジなんてね、通らないことばっかりだ。
(スジが美味しいのはどて焼きだけよ・・・。)
通そうとすると疲れてへとへとになる。
でもね、それでも、ココロには逆らえないよ。
自分に正直な人の言葉は、やっぱりいいな。
正直さと引き換えに、周りからは散々責められるけれど。


私も、時々こんな風に 大暴れしたくなる。
さすがにそれはできないからさ、このドラマでスカッとしましたのよ。




by meg322-411 | 2009-09-20 00:07 | 映画