人気ブログランキング |

教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ワタシの成人式


わたくしごとではございますが・・・。

愚息が二十歳を迎えました。
正確には成人式には行かなかったのですけども。
兎にも角にも一応は大人になったとされる歳になったわけです。

そうねぇ・・・。
まぁ、一度は息子と サシで飲む ってのもいいんじゃないかね。
先週の予定が、ドタキャンされて一週遅れとなりましたが、
二人で飲みに出かけました。

どんな風になるのかなぁ、どんな話になるのかなぁ、と思ってたけど
思ったよりも真面目な答えが返ってきて、それが面白かった。

特にこんな話をしようと思っていったわけではないけど、
この日は私が、自分についてのことを質問したなぁ・・。

何か私に対して言いたいことやなんかない?
私は最近とみに自由に出かけたりしてるけど、それについては?

彼の答えは「何もないよ。」

「だって、それは母親としての行動じゃなくて、個人としての行動だろ?」
 

私は「親としての自分」にあまり自信がない。
他の同世代の親達がせっせと子供の世話をしてる話を聞いたり、
ウチの事が最優先になる様子を見ていても、
それはとっても幸せなことなんだよね、と思ってみている。
その人それぞれの優先順位でいいことだもの。

私は、子供の世話をしてきた時期は確かにあったけど、
子供のことだけ考えていることはそんなに多くなかった。
それがいいのか悪いのか、よく分からない。

息子の答えは、母親としての行動よりも
今は、私個人の行動の方がうーんと多くなったよってことだな。 

「そりゃ、すごく元気がなくなったりしたら心配するけどな。」

そう?

「うん。いつかみんな死ぬんで。したいことせんと。」

そりゃそうだけどね。
でも、一応家族なんだから、不愉快なことはしたくないと思ってさ・・。

「まぁ、そう思っとんならいんじゃね?揉め事になったらその時はその時。」

そうかぁ。

「したいようにしたらええが。」

はい。



なんだか、私の方が相談してるみたいだ・・・。


確かなことは、親の言うとおりになる存在でいた小さな子供は
もはや、どこにもいないってことね。
そんな事は、とうに分かっていたことだけど・・。

帰りの電車で息子の友人にばったり会って

「今日はどしたん?」

「あー、うちのマミーと 酒飲みに行って来た。」


珍しい光景だ(笑)



一緒に二人で飲みに出るなんて
こんな日も もうなかなかないよねぇ。

「すんげー レアな体験じゃぁ・・。」


そうね(笑)


歩いての帰宅途中で
「後ろの車、危ねーで。」なんて言われて

形勢は逆転したのだと しみじみ思ったのでした。

お酒美味しかったな。

b0136281_130597.jpg
by meg322-411 | 2009-01-18 12:43 | 日常生活