教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ずっとずっと神戸に行きたかったのです。

思いがけなく唐突に神戸行きが決まり、念願のJAZZ LIVE HOUSE ‘SONE’に。
JAZZの街神戸で草分けのスポット。
ここはライブを聴きながら食事も楽しめます。b0136281_2203727.gif


店内はすでに人でいっぱい。
家族連れや職場の同僚、若い人も年配の方も様々。
この日は北荘桂子+石川武司トリオ。
ピアノ、ウッドベース、ドラムとボーカルの編成です。







オトナっぽい、いい声です。

「この地震で被災された方々はもちろんですが、
 私たちも心が痛い、腕がもがれるような気持ちですね。」

「こんな時に歌なんてと思われるかもしれませんが、せめて私たちは元気をださないと。」

北庄さんの言葉が胸に響きます。

スイングいいですねぇ。
ワインと、ちょっと贅沢にディナーと
明るいJAZZ のスタンダードナンバーに酔いました。

それから・・・。
サプライズで北庄さんに、なんと♪Happy Birthday♪を歌っていただきました!
なんて贅沢・・。
嬉しくて言葉もでません。

そして、その次の曲が素敵で、胸に迫りました。
なんの曲か・・・、秘密にしておきます。
私も次回のレッスンで皆さんにお届けしますね。


う~ん、やっぱり歌はいいです。
[PR]
by meg322-411 | 2011-03-24 22:00 | ライブ

私たちにできること

東日本大震災で被災された多くの方々、心よりお見舞い申し上げます。
被害大きさに言葉もありません。

同じ日本とは思われないような光景に、私にできることはないかとずっと考えていました。
被災された方々の心中は察するにあまりあるものと思います。
痛みに寄り添いたい気持ちも、おそらく日本の多くの方々が持っていらっしゃるでしょう。

それでも、やはり私たちは日常を生きていくことしかできません。
私たちが日々をきちんと送ることも大事なことだと思います。
応援する側が元気でいなければ、何もできませんから。

JAZZで英会話レッスンをさせて頂いているカフェZで、ユニセフ【TAP PROJECT 2011】に参加できます。
「あなたが飲むコップ一杯の水が、誰かの命を守るチカラになる」
ユニセフは支援先を、このたびの未曾有の災害である東日本大震災地に変更すると決めたそうです。

「被災された方々に何かしてあげたいけど、どうしたらいいかわからない。」
そんなお気持ちの方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
ささやかですが、私も何か少しさせていただけたらと考えています。

歌もゴハンも元気ものもとです。
小さなちからも集まれば大きくなる。
こころを合わせていけたらいいですね。

一日も早く、被災された方々が平安に暮らせる日常を取り戻されますように。


                                 meg
[PR]
by meg322-411 | 2011-03-17 01:31
春なのに、冬に戻ったかのような寒さですね。

今月はJAZZのスタンダードをお届けします。

♪ Cry Me A River ♪

まずは、大御所 JULIE LONDON から。
その女っぷりに圧倒されます。












そして、こちらは Diana Krall 
クールな女っぽさです。






うーん、いいですね。
冷たいこと言っていても、ちゃんと覚えているってとこがね。
また、何かもう一度ドラマが始まりそうな感じもあって
許してくれそうな、くれなさそうな・・・。

何はともあれ、もしも相手に「あいつはいい女だったな。」なんて
言わせることができたらねぇ・・・。
それは彼女達なら納得って感じでしょうか。
そんな風に思われる女性って、どんなヒトだろう。

題名からして、詩的でとてもステキです。
で、どうしようもないよね、こんな気持ちも・・・ってね。
オトナになると「しょうがない」感情ももてあましたり、許されたりします。


JAZZでちょっと日常からエスケープするのも一興です。
そんなオトナの時間をご一緒に。



 ~ JAZZで英会話レッスン ~

 3月 10日 (木)夜 7:00 ~

     カフェZ にて

      おいしいお茶つき
[PR]
by meg322-411 | 2011-03-02 23:39 | JAZZレッスン