教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

< September Song >


今月は その名もずばり 9月の歌ですよ。
人生を季節にたとえるとすれば、秋は何歳ごろからでしょうか。
それも、月に喩えると どうでしょう。

メンバーさんのOさん、「私は5月くらいかな。」 
おお!青春真っ盛りですね!
今日はとてもキレイなサーモンピンクをお召しです。
「JAZZで英会話に参加されるようになってから、オシャレ度がアップされました。」
と、マスター。
なんだか嬉しいな。

「えっと、6月です。」とはポンタさん。

えー、やっぱりまだまだ青春ですね。

「いえ、梅雨でして・・・。雨ばっかりで・・。」

あ~~、そうか。 でも、きっと晴れの日がやってきますってば!


9月はちょうど私にはぴったりの季節です。
それも後半かな。
もうすぐ10月になるかなぁという頃。   夏の名残を少し感じつつ。


これまでがむしゃらに走ってきたなら、自分自身のことや周りを振り返る。
これからも今までのように挑戦する気持は残しておきたいけれど、
今までで得たものを、自分の手の中にあるものを温めていくこと。
周りに居てくれる(居てもらってるのですよねぇ!)人を大事に想うこと。

   ♪ 9月になると 
     
          日々はごく僅かなものになっていく 
  
             
        このかけがえのない日々を 

                 ぼくはあなたと共に 過ごしたい   ♪



そういえば 偶然にTVで観た白洲次郎と正子の会話を思い出しました。




「男は 年齢を重ねて初めて いい味が出るものなのよ。」
   
「女もね。 極上のワインのように。」


この二人が言うと、めちゃくちゃカッコイイですな。
自分自身もですが、いろんな人との関係も熟成させていくのは楽しい。
それは歴史みたいなものでしょうか。


楽しい時間を過ごしました。

参加されたメンバーさん、ありがとうございました。
マスター、おいしいお茶 ごちそうさまでした。

b0136281_12343081.jpg

      
      
[PR]
by meg322-411 | 2009-09-26 12:37 | JAZZレッスン

任侠ヘルパー


最近、いろいろと気持が定まらずにいました。
そういう時はブログの更新もしないままに・・・。
気持が動かないと書けません。


久しぶりに、感情移入したドラマが来た。
『任侠ヘルパー』 最終回でしたね。
介護の現場にいらっしゃる方々にとっては、いろいろと考えるところもおありでしょう。
異論も反論もきっと。

それでも、私はこのドラマが好きでした。
何がといえば、「どうにもならないことと知っていて、それでもやる」こと。
登場人物達が、キレイゴトを言わないこと。
切ないけれど、暗い結末ばかりではなくて、どこか救いがあること。
みんないい人ぶったりはしない。
どちらかといえば、私利私欲に走って、自分のことしか考えないようで、
それでもその人の本質が、偽善に対して、権力に対して、黙っちゃいないのですね。
ココロは嘘をつけないってことですか。


「これが俺達のスジの通し方だ!」
草彅剛クンの啖呵、シビレマシタ・・・。


スジなんてね、通らないことばっかりだ。
(スジが美味しいのはどて焼きだけよ・・・。)
通そうとすると疲れてへとへとになる。
でもね、それでも、ココロには逆らえないよ。
自分に正直な人の言葉は、やっぱりいいな。
正直さと引き換えに、周りからは散々責められるけれど。


私も、時々こんな風に 大暴れしたくなる。
さすがにそれはできないからさ、このドラマでスカッとしましたのよ。




[PR]
by meg322-411 | 2009-09-20 00:07 | 映画

9月のレッスン 

9月のレッスン    ~September Song ~
b0136281_2140168.jpg


今月は、その名も9月にぴったりの JAZZ スタンダードナンバーをお届けします。

季節でいえば、秋ですね。
人の一生で考えるとすれば、芽生えてから、
青春 (おお!恥ずかしい響き!) を謳歌した少し後でしょうか。
いつかやがては冬が来るとしたら、その前の紅葉が華やかなこの季節。
春とは違った味わいがあります。

私は、この季節が一番好きです。
日差しが穏やかになって、ゆっくり時間が過ぎるような気がして。

と、ここまで書いて歌詞を読んだらば 本当にそんな歌詞だった・・・。

♪ 若いときのように  移り気な恋はしない
    残された大事な時を  大切な人と過ごしたい  ♪

大人の恋の曲でした。


スタンダードといえば この方








でもね、こんなアレンジもカッコイイよね。

Jeff Lynne "September Song"


 





いいなぁ。
こんな風にいたいなぁ。


秋の夜長、しっとりと大人の時間を過ごしませんか。



 ~ JAZZで英会話レッスン  ~

      9月 24日 (木) 7:00から

 

               おいしいお茶つき
[PR]
by meg322-411 | 2009-09-18 00:16 | JAZZレッスン