教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

JAZZライブ DUCK TAIL


課外授業で、
JAZZライブに行きました。b0136281_23485469.jpg

メンバーさんたちと一緒に、
どんなステージなのか初体験。
小さなライブハウスでしたから、
私は一番前の席に。
いやぁ、うまいボーカルでした!
素晴らしい歌声とリズム。
ノリノリでございます。
JAZZのスタンダードナンバーから
.You 'd be so nice to come home to
.煙が目にしみる

この曲は胸に沁みました。
こんな風に言ってあげる人でありたい。
・You ' ve got a friend
この曲は、いつかやりたいな。

なぜか私
ボーカルの方と目が合う合う。
参加しましたさ。
アンコール曲は
・Take The A Train

レッスンで取り上げた曲もたくさん!
復習ですね、皆さん!

私、突然「カウントお願いしますね。」とボーカルの方に名指しに。
え?ええ~~っ!
うわ、嬉しい!

「さまになってましたよ~。」と褒められて、るんるんで帰りましたよ。(笑)

また、是非是非課外授業やりましょうね。
今回参加できなかった皆様も、次回は是非ご一緒いたしましょう!



b0136281_2350594.jpg

[PR]
by meg322-411 | 2009-06-28 23:46 | JAZZレッスン
♪ Englishman In New York ♪

今回は、Sting の曲をお届けしました。
私の好きな曲を選ばせてもらったので、
今回はレッスンということをちょっと忘れ(いいのか?)
なんだか力一杯思いのたけを喋ってしまいました。
いつもながら、暴走ぎみの私・・・。
レッスンも最後の最後までどうしようか迷いました。
やろうと思っていたことがちょっとできずに終わってしまい、すみません。

うーん、でも皆さん素晴らしく熱心です。
質問もどんどん出ます。
一番感心したのは、先輩の女性の方から
「StingのCDはどこで買えますか?」と質問があったこと。
小野リサとかね、ノラ・ジョーンズの曲ならね、なんとなくわかる。
でも、バリバリのロックですよ!
カッコいい~~!
固定観念はいけないといつも思っている私でさえ、まだまだ見方が甘いな。
先輩方の立ち居振る舞いとか、気配りの仕方とか、いつも勉強になります。
私に足りないことばかりだ。

今回は新しいメンバーさんも沢山参加頂きました。
嬉しいです。
でも、緊張しました~~~。
久しぶりにテンパってしまいました。
皆さんとお一人お一人お話をもっとしたかったな。
最初に参加されたときは、皆さん緊張されてますが、
徐々にやわらかい表情に変わられるのはどうしてかな?
そうそう、前回の「Love is ...」の絵本も貸していただきました。
嬉しい。
今日は、お買い物してたらTシャツを見つけて、幸せな気分になりました。


参加してくださった皆様、ありがとうございました。
Zマスター、カラカラの喉にやさしい飲み物でした。
ありがとうございました。



b0136281_231242.jpg

[PR]
by meg322-411 | 2009-06-28 23:01 | JAZZレッスン

ホタル狩り

ずっと前からホタルを見に行きたいと思っていたのです。


でも、夜外出するってことがなかなかできなくて、実現しませんでした。
だってね、ホタルって時期があるでしょ?
キレイに飛んでるときに行かなきゃね。
でもって、そりゃ一緒に行ってくれる人もいなくちゃ、一人じゃ怖いよ。
今年こそは!


で、連れて行ってもらいました~。
蛍スポットを数々見て、ここが一番というお墨付き。
由加山のあたりに、蛍の里があります。

えっとね、20年ぶりくらいに蛍を見ました。
すご~い、キレイだ。
遠くからでも、よく分かるよ。
ここは、ベンチがあったり、蛍用の橋も架かっていたりして、風情があります。
光もこんなに強いんだね。

と、小学生とおぼしき集団に囲まれる。
葉っぱに止まって光ってる蛍を捕まえた男の子に、写メを取らせてもらう。
「あー、ライトあてようか?」
うんうん、ありがと。
蛍を撮るのって難しい。


b0136281_22273287.jpg
分かります?




こんなのや・・。
b0136281_22284795.jpg



とてもとてもロマンチックでございました。
嬉しい。

(・・・オンナ二人で行ってもね~~!笑)

                     
[PR]
by meg322-411 | 2009-06-21 22:31 | 日常生活
今日は、講演会に出かけた。
異文化交流がテーマということで、課外授業の一つとして。
メンバーさんのうち、4名の方とご一緒しました。
小栗左多里さんは、竹下美保アナウンサーのテンションと全然違って面白い。
竹下さんが「○○ってことですよね~~!」と力入れてるところを
「う~ん、そうでもないですねぇ~~。」
・・・いいのか?


私としては、もう少し踏み込んだお話を聞きたかったけど。
小栗さんの佇まいというか、対処の仕方そのものに学ぶところがあったかな。
私に足りないのは、こんな風な対応の仕方なんだよね。
一本芯が通っているのに、あたりが柔らかくていいなぁ。
曲げられないところは保ちつつ、衝突しすぎない。
そういうのは、知恵なんだろう。

その後で参加メンバーさんの中で、お時間のある方とお話した。
う~ん、話始めるとなかなか話が尽きないよ。
次々とお話がでてくるのは、皆さん中身が充実しているということです。
小栗さんが一時目指していたという漫画は、精神性の高いものだったらしい。
恋愛モノにはあまり興味がなく、「生きるとは?」とかね、そういう類の漫画。
くだらない話から真面目な話題まで、よりどりみどり。
いつも思いますが、私のお会いする方々に邪気を感じないです。
こういうのは本当にお宝ですね。

楽しい一日でした。
[PR]
by meg322-411 | 2009-06-21 22:03 | JAZZレッスン

<6月のレッスン >

♪ Englishman In New York / Sting ♪


今月は、私の好きな曲を選ばせていただきました。
そう、Sting です!
前回はPolice の曲を題材にしましたが、今度はソロになってからの曲です。
うれしいな~♪


とにもかくにも、聴いてみてくださいな。






ひょえ~~!めっちゃカッコイイです!
Jazz のテイストでしょ?
レゲエのリズムも入ってるのかな。
いやぁ、いいですね~。
こんなライブ行きたいな。ビール片手にだったら超最高!
1度ね、行ったんですよ。愚息と一緒に広島まで行きましたねぇ。
良かったなぁ~~。
興奮が蘇ってきました。
寒い寒い日だったのに、ずっと立ちっぱなしで汗かくほど興奮しましたさ!
オーラの凄いこと。
Stingの声ならどこから流れていても聞き分けられる。



さてさて、この曲の歌詞は異国にいる外国人の気持ってのが面白い。
だって、私にはちっともStingは異国人ではないように映るんだもの。
アメリカにいるイギリス人がどんな感覚なのか、今ひとつわからないでしょう?
関西人が東京に行く感覚なのかな?
とにもかくにも、どこをどう切り取ってもカッコイイです。


おしゃれな音楽でオシャレな時間をご一緒しましょ。




   ~Jazzで英会話レッスン ~

    日時 6月 25日(木)7:00~

         カフェZにて
    
            ♪ おいしいお茶つき ♪
[PR]
by meg322-411 | 2009-06-17 23:07 | JAZZレッスン

いつかの空

ここのところ、比較的穏やかな日々です。
ありがたい。
ついひと月前は、非常に混乱しておりましたから、わたし・・。
過ぎてみれば、いったいあれは何だったんだろうと思い返してます。

渦中に居りましたときには、周りの皆さんにはご迷惑をおかけしました。
ハイ・・・。(深く反省)
しかし、幸いなことに周りにいてくれるのが辛抱強い方々のようで、
相変わらずふつーに居てくれるので、嬉しい。
「めんどーだから、なるべく溜めないで小出しにするように。」と言われましたさ。
ごもっとも・・。
「最近何も言ってこないから、解決したかなぁと思ってた。」
そうです。自分勝手だ・・・。

‘あらふぉー’だの‘あらふぃー’だのと世間はうるさいが、
霊感商法に騙されるのは、圧倒的に40代の女性だそうだ。
「何かが変わりそうな気がして・・。」と300万の印鑑を買っちゃうんだよね。

「何か」ってなに?
自分で変える勇気も持たないで、印鑑で変わる「何か」なんてないよ。
変えられるのは自分だけ。
その自分の背中を押してくれるのは、周りの仲間や家族や友人たちですね。
感謝・・。

先日、「得るものと失くすもの」について考えるというお題を頂いた。
年齢に関して言えば、「若さ」は万人失くして行くものだ。
その代わりに得るものは「経験」か?
う~ん、そうだと思っているけど、なかなかね・・。
プラスに働くことが目に見えないからなぁ。
「ベテラン」なんてほめ言葉じゃないからなぁ。
分かっていても、ゆらゆら揺れる時期が何度か訪れるよ。


いつかJAZZで英会話レッスンで取り上げたいなぁと温めている曲があります。

 ♪ Grow Old With Me  ♪
  
   僕と一緒に歳を重ねよう
   ひとつの木から伸びる ふたつの枝のように
   沈む夕日に向き合おう
   一日が終わるときには



どんな風に歳を重ねるのか、
どんな風に一日を終えたいのか、
できればわたしのいいところも悪いところも
知っていてくれる人が周りにいてくれれば。

嬉しいことがあったときはもちろん、
しんどい時に一緒に居てくれる人たちは財産。

「一緒に歳を取る」って歴史ですね。
友達や家族はもちろん、周りにいる大切なひとたち。
いきつけのカフェやなじみになったお店の方や、
風景もみんな含めて。


今日はいい天気です。

空が青いよ。


b0136281_120364.jpg

[PR]
by meg322-411 | 2009-06-14 12:02 | 日常生活