教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:JAZZレッスン( 122 )

2月はバレンタインの月ですね。
今月はリクエストをいただきました。
こんな曲をお送りします。

James Blunt - You're Beautiful



どなたも耳に覚えのある曲ではないかと思います。
資生堂TSUBAKIのCMで起用されておりました。
ストレートな歌詞。そして切ない片思いの曲ですね。

初めてこの曲を聴いたとき、James Bluntの風貌と相まって、「ずいぶんと軟弱な曲だこと。」と思いました。だってそんなこと、男子たるもの相手に告白しちゃえばいいじゃない。
ところがねぇ、最近の私はこんなこともありかもねと思い出しています。

最近、娘が見てるせいで自分なら絶対観ないであろうドラマを観ています。
『失恋ショコラティエ』は、松本潤演じる男の子が石原さとみ演じる女の子にずっと片思いするお話だ。どんなに彼女がつれないことをしても、自分と違う人と結婚しても、ずっとずっと一筋に思い続けるお話らしい。「その叶わない恋のエネルギーを自分の仕事のパワーに変えて昇華させていくってところがすごいよ。」と娘は言うのでした。

なるほど。

この年にもなると、結婚が絶対的な絆であるとは限らないことは知っている。
だからと言って、所謂ありがちなよろめきドラマには飽き飽きしてる。
誰かを好きになったとしても、その想いが成就するかどうかなんて、タイミングや偶然や、その時の状況なんかで誰にも予測不可能だ。

だから、この曲はもしかしたら「これもあり」なのかもしれません。

バレンタインだけど、ちょっぴり苦いチョコの味かも。
そんなひと時をご一緒に。


~ Jazzで英会話レッスン ~

   2月13日 ㈭ 夜7時から
      カフェZにて
         おいしいお茶つき

P,S 資生堂TSUBAKIのCMにも出ていた水原希子ちゃん、『失恋ショコラティエ』にも出ていて、めちゃめちゃ可愛い。幼いのにイイ女のオーラ全開で、彼女に感情移入しちゃうのでした。
  おまけの画像・・。

b0136281_21341244.jpg

[PR]
by meg322-411 | 2014-02-09 16:30 | JAZZレッスン

1月のレッスン 

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

あっという間にお正月も過ぎ、明日は七草粥です。
今日から仕事はじめの方も多いのでしょう。
海外に行かれた方も多かったらしい。
やっぱり、そんな時間もあったほうがいいです。

いつもお正月はやり残した仕事やら片づけやらで終わりますが、
今年はちょこちょことお客様があって、なかなかと楽しいものでした。
ゆうらぼさんの器や、油亀の個展で手に入れた豆皿やらにお正月料理を乗せてみたり。
あまり手の込んだものは作れないけど、そんなこともささやかで嬉しい。
うちの父を連れて、カフェZで美味しい珈琲と美味しい白小豆ぜんざいを頂いたのも
のんびりしてとても良かった。
こんな時間の使い方もよいものだとしみじみおもいました。


さて、今月のレッスンは、リクエストいただきました。

シェネル Touch ~ Close to you ~


b0136281_2223613.jpg





どこかで聞いた方も多いはず。
心が動き出すような軽快な曲とともに、2014年の幕開けと行きましょうか。

 ♪ Jazz で英会話レッスン ♪

  1月 9日 (木) 夜7時~
           
        カフェZにて 
           おいしいお茶つき
[PR]
by meg322-411 | 2014-01-06 23:00 | JAZZレッスン

12月のレッスン

いつもおなじことをこのシーズンにはつぶやいてしまいます。
もう、今年も最後の月になりました。
b0136281_1785826.jpg




12月は楽しいイベントもたくさんあって、忙しいけれど楽しみな月でもあります。
わーっと仕事もかたしちゃって、打ち上げと行きたいところですね。
忙しい合間を縫って、Xmasも楽しみましょ。

今日は実はJazzで英会話レッスンの忘年会‛Jazzで忘年会’をします。
今年一年参加してくださった方々と美味しいお料理とおいしい会話を戴くつもり。


さて、今年最後のレッスンは、ちょっと最近の曲をやってみようかと。

♪ Taylor Swift / We Are Never Ever Getting Back Together ♪




かわいい曲です。
ちょっと大人っぽい曲が多かったので、たまにはこんな乙女な歌詞もいいかな。
いいとか悪いとか、正しいとか正しくないとか
そんなことが全然通用しないのが恋愛ってものだし、
こんなのもありかもしれません。

最近、どんどん寛容になっている私。
ただし、自分は何を選ぶかはまた別のお話!

今年の最後をこんな楽しい曲でにぎやかに過ごしましょう。
そんな時間をご一緒しませんか?
[PR]
by meg322-411 | 2013-12-02 17:09 | JAZZレッスン

11月のレッスン 

ハロウィンが終わると、慌ただしくいっぺんにXmasの街並みです。
今日、クレドに行って来たら大きなXmasツリーが・・・。
きらきらとイルミネーションもちょっと先取り過ぎながら、気持ちがウキウキします。
街はひとあし先に12月だけど、秋はこれからが本番。
少し歩幅も普段より大きくゆっくりと歩いたりして、景色を楽しみたい。



さて、今月はリクエストを頂きました。

Sophie Zelmani  / I'd be broken






ソフィー・セルマーニ、初めて聴きました。
先月に引き続き、今月もちょっと切ない曲ですね。
アコースティックな曲、いいです。

秋の夜長、ロマンティックなひと時をご一緒しませんか?


 ~ Jazzで英会話レッスン ~

    11月 14日 (木) 夜7時

            カフェZにて
    
              おいしいお茶つき 
[PR]
by meg322-411 | 2013-11-05 00:12 | JAZZレッスン
秋が深まるという感じになかなかなりませんね。
でも、確実に秋なんだなぁ、と思うのは店先に並ぶ果物が桃から葡萄に変わってくること。
暑くてもどこか夏の暑さではないです。
空が高いなぁとか。
秋が一番好き。

今月は久しぶりにノラ・ジョーンズの曲にリクエスト頂きました。
女っぽい曲をということでしたので、何がいいかずっと考えましたけど、やっぱりこの曲かなぁ。



What Am I To You? /Norah Jones





誰かに恋をしたら、こんな気持ちになることもありますよねぇ。
問い詰めたくなる時もあることでしょう。
うーん、しかし・・・。
これは歌だけにとどめておいたほうがいいよ、と言ってあげたい。

でもねぇ、こんな乙女な気持ちを持つってこと自体が大切なのかも。


ここのところ、世界に向かってとか、人間とはとか壮大なテーマが多かったから、
今回は女っぽい曲にしましたよ。
秋の夜長、こんな気持ちに浸るのも良いかもかも。
女子力upの訓練などいたしましょう。

~Jazzで英会話レッスン~
  
    10月10日木曜日 夜7時から

       カフェZにて
           
             おいしいお茶つき
[PR]
by meg322-411 | 2013-09-30 00:41 | JAZZレッスン
夏が終わります。b0136281_1603628.jpg



暑いのが苦手だし、
海に
泳ぎに行くこともないので
夏が終わってほっとしてます。


でも、『過ぎ行く夏』には、
メランコリックな気分にさせられますね。
なんだろう、『おしまい』っていうのがそういう気分にさせるのかな?

「あー、そろそろサンダルもおしまいだなぁ。」とか
「この素材はもう着れないかなあ。」とか。
今年の夏は初体験が一つ増えました。
何のことはない、「浴衣を一人で着る」ってことだけですが、youtube で検索して大騒ぎしてやっとでした。
ふと、母のことが頭をよぎりました。こんな風に思い出すんだなぁ・・・。

さて、今月のレッスンは、リクエストを頂きました。
スティービー・ワンダーの A Place In The Sun


A place in the sun  /Stevie Wonder





ああ、いいな。
どんな人にも「日の当たる場所」があるっていうのは、救いだな。
また、この人が歌うと本当に言葉に真実がこもります。
いつも思う。こんなストレートな言葉がやっぱり一番強い。
そして、いつも絶妙なタイミングでその時にぴったりのリクエストを頂きます。
これって奇跡的なこと。
いつもどん詰まりだったり、めげめげのときには、そんなときにはこの曲っていうリクエストが来る。
ああ、そうだな。またもうちょっと進もうかな、と思ったりして。


明日に進む勇気を少し、自分への「居てよし!」をもらえる一曲です。
是非是非、ご一緒に!


 ~Jazzで英会話レッスン~

   9月12日㈭ 夜7;00~
          カフェZにて

               おいしいお茶つき  
[PR]
by meg322-411 | 2013-09-01 15:29 | JAZZレッスン
夏真っ盛りですね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
きっと、お出かけの機会も多いことでしょう。
海に泳ぎに行かれる方もいらっしゃるかな?

8月のレッスンは、こんな季節に聴きたいジャック・ジョンソンのゴキゲンな一曲をお届けしたいと思います。

b0136281_22351441.jpg




サーファーでもある、ジャック・ジョンソン。
何とも心地よいサウンドです。
サーフミュージックは、そのものずばり、
サーフィンした後のけだるい午後に、身体に心地よい音楽なんだそうだ。
分かる、分かる。
サーフィンはしたことないけど、プールの後のお昼寝は気持ちよかったよなぁ。

久々のアルバムは今年の9月にリリースだそうだけど、シングルのこの一曲を。

 ♪ Jack Johnson / I Gto You ♪




歌詞はね、ちょっと手ごわいです。
大人の方にだけお教えしますよ。
簡単なようでちょっと難しい。
でもそこが面白い。

夏休み、海へドライブしに行きたくなること請け合いですよ~。

そんなひと時をご一緒に。

~ Jazz で英会話レッスン ~
  
    8月8日㈭ 夜7:00
 
         カフェZにて
         
               おいしいお茶つき
[PR]
by meg322-411 | 2013-08-02 22:47 | JAZZレッスン

7月のレッスン

今年の梅雨は、全然降らないかどっさり降るか両極端ですね。

梅雨のじめじめは嫌だけれど、雨の日もわりと好きです。
お天気の日は、「さあ、何をしよう。」「何かしなくちゃ。」と思う。
お布団も干したいし、洗濯も、庭仕事もこの間に片づけて・・・。
雨の日は、そんな気持ちを雨のせいにしてどこかに置いておけます。

そんな梅雨の情緒も昨今はどうしたのやら・・・。
変なお天気が続いていますね。
今月は、雨にも関係があるかも、こんな曲を・・・。

♪Heal The World/ Michael Jackson ♪






このごろ考えることですが、
こんな素直な曲を、こんなストレートな詩を作れる人は、(ジョン・レノンのイマジンしかり)
やっぱり素晴らしいなと思う。
人の二倍も三倍も努力して、それを形にできるのがスターなら、
マイケルは確実にスーパースターだもの。
いろんなことを言われ続けて、最後も悲しかったけれど、
彼の中の純粋な心は信じたい。



今回は、JAZZのバージョンもお届けしますよ。
今月はJAZZライブに希望者のメンバーさんと参加します。

Toku&小沼ようすけ at Cowbell 
b0136281_21464846.jpg


Tokuのリリースされたばかりのニューアルバムに、
Heal The World が収録されてるんです。
アルバムDream A Dream はこんな感じ。
渋い歌声も落ち着いて良いです。


日常生活の一つ一つに一喜一憂している私ですが、
時には地球サイズで物事を見れば、些末なことと思えます。


そんなひと時をご一緒に。


 Jazzで英会話レッスン

  7月11日(木) 夜7時より 

       カフェZにて
       
           おいしいお茶つき
[PR]
by meg322-411 | 2013-06-28 23:01 | JAZZレッスン
梅雨に入ってぐずぐずしたお天気ですね。
それでも、時折とてもすがすがしい日があって、五月晴れってそういう日をいうんだそうです。
雨が降ると気持ちも晴れませんが、家の中にいることを楽しめる機会かも。

され、6月はそんな気分を吹き飛ばすようなすがすがしい曲をお届けします。

♪ Beauty and the Beast ♪






[PR]
by meg322-411 | 2013-06-02 22:34 | JAZZレッスン

㋄のレッスン

GW真っ只中。
皆さん、いかがお過ごしなのでしょう?
お出かけされてる方が多いのでしょうか。

さて、今月のレッスンはサラ・ブライトマンのこの曲を・・・。


♪ Time to say goodbye ♪





うわー、圧倒的な歌唱力!
歌うってこういうことね。

別れの曲だと思われている方、多いと思います。
ところが、この曲、結婚式でも歌われる歌なんだそうで、
別れとは相手との別れではないものを指すようなのです。

力強いなぁ。

こんな風に考えられたらいいな、と素直に思います。


~Jazzで英会話レッスン~
 
  5月9日木曜日 夜7:00 

     カフェZにて


参加お待ちしています。


 
[PR]
by meg322-411 | 2013-05-03 23:50 | JAZZレッスン