教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

7月のレッスン/Hotel California


<7月のレッスン(実践編)/Hotel California >

今回は、イーグルスの♪Hotel California ♪をお届けしました。

いやぁ、楽しかった。
この曲、歌詞が長いんですよ。たっぷり2ページ。
今回は、じっくりと歌詞を深く掘り下げてみました。
言葉に一ひねりも二ひねりもあって、にくいです。
真夏の夜に、ちょっとイカレたこの曲、ぴったりでしょ?
痛烈な社会批判もあるけど、自分達のこともシビアに見てるから、説教くさくなくて嫌味じゃないんですよね。
ヒリヒリするような、くらくらするような感じを堪能しました。


JAZZで英会話レッスンをさせていただくようになってから、
不思議な体験をします。
[Fly me to the moon]は、岡山に引っ越す ずっと前に
「ああ、いつかこんな曲を題材にレッスンできたら楽しいだろうな。」と。
JAZZで英会話レッスンの栄えある第1曲目になりました。

[Hotel California ]は、ダブルミーニングの面白さなどなど、
歌詞を深読みするのに絶好の題材。
レッスンに使うと面白いけれども、内容が内容なので躊躇してました。
ところが、思いがけずベルガモットさんからリクエスト頂いて、驚きました。
だって、ご本人とあまりに違うイメージ。
いや、勝手に自分のイメージを押し付けてはいけませんね。
私がすごくすごく行きたくて、行けなくて、後悔した
イーグルス来日のライブに行かれていたのはfufuさん!カッコイイです!


この曲がかかると、じっと座っていられない私。
イーグルス、またやりたいな。
[Desperado] いいんですよ。
歌詞がまた泣かせるんです。今聴くと。

   ♪Desperado♪


愚息からもらったCD fufuさんの元へ。
なんだか不思議な感覚。


暑い日に冷たい飲み物を頂きました。
アイスティーとグレープフルーツのドリンク。
写真を撮るのを忘れました・・・(泣)

この前、カフェZに寄ったときに頂いた、スモモゼリーをおすそわけします。
美味しかった~。

b0136281_20361659.jpg 参加してくださったメンバーの皆様、ありがとうございました。
[PR]
by meg322-411 | 2008-07-27 20:39 | JAZZレッスン