教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

1月のレッスン ~You've Got A Friend~


キャロル・キングを聴いています。
カッコイイな・・、こんな夜にぴったりだ。

1月のレッスンは、キャロル・キングの 
You've Got A Friend を お届けします。

        





いつだったかのリクエストを募ったときに、頂いた曲です。
その後、時間を置かずに偶然ライブで聴くことになりました。
ボーカルの女性が、そのときにこんなお話をされました。

「友達というほど親しくしていたわけではないけれど、
ふと気になって連絡したら、突然のその人の訃報を聞きました。」


最近、少しフットワークが重くなって、いけない私ですが、
少し前までは「お誘いは基本的に断らない。」をモットーにしてました。
何かに誘われるのは、私が行かなければいけない場所かもしれない。
お会いしなければいけないヒトかもしれない。
もっといえば、
もしかしたら二度といけない場所かもしれない。
もう二度と会えなくなったらどうしよう。

なにかしら、切迫した気持がよぎるからです。


「夜中の3時に、突然電話できる友達が何人いますか?」

自分の気のおけない友人の数がわかるんだそうだ。
そうねぇ、相手がどう思っているかは別にしてだろうけどね。
私は・・・、迷惑を顧みず電話しちゃうだろうなぁ。
反対にかけてこられたら?
あ、それは全然平気です。夜中だろうが付き合います。
そう考えたら、「電話して迷惑かける」ことのほうが難しいね。

この曲は、力強い。
「いつでも駆けつける」んだもの。
駆けつけてくれる友人を持ってることはもちろん、
駆けつけたいヒトを持っている人は幸せです。
うん、独りよがりだろうがおせっかいだろうが、そんなことはいいのだ。

垂直でちょっと泥臭い優しさに、たまにはどっぷりひたってみませんか?

 
      ~ Jazz で英会話レッスン ~

           1月 28日 (木) 7:00 ~
          
               おいしいお茶つき

b0136281_23135374.jpg
[PR]
by meg322-411 | 2010-01-17 23:10 | JAZZレッスン