教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

3月のレッスン 


b0136281_21225215.jpg
今夜は今年度最後のレッスンです。

この日の課題曲は ♪ The Rose  ♪
そのとおりに、
華やかな雰囲気に包まれたレッスンになりました。
あまり考えすぎずに、直感で一年間の課題曲を決めるのですけど
どの月もあまりにぴたりと決まるので、
驚きます。

今月はテーマがずばり「愛情」です。
こういうことって
本当にあるんだねぇ・・・。





今回は、誰あろう私が学ぶところが大きかった。
私のためにきっとリクエストしてくれたんだわ、と思ったりする。

この日のテーマに答えはないです。
みんなずっと探して歩いているもんなんじゃないかなぁ。

JANIS JOPLIN (ジャニス・ジョップリン)というひとを
私はよくは知らないのですけど
激しい印象だけは伝わってきました。
ホテルで一人で亡くなっているのを発見されるのも、
(しかも婚約していたっていうのもねぇ・・。)
いつも何かしらの飢餓と一緒に居たようなところも、
きりきりと痛くて、切ない話だな・・・。

お決まりのようにドラッグに溺れていって
どれだけ彼女を理解して支えてくれる相手が現れても
どうしても埋められない何かがあったってこと?

心の穴を何かで埋めようとしちゃいけない。
決して埋められないものだから。
どんどん大きくなっちゃうから。

たぶん、掴もうとしたり
留めておこうとしたりしちゃいけないんだ。
目に見えるものが全てではないってこと。

こんなことを、日本語で話すのは気恥ずかしい。
でも、英語ならちょっとすんなりと言えたりしますよね。
この日は、フリートークを楽しもうということで、
「愛とはなんぞや」という気恥ずかしいテーマを、みんなで話したのでした。

「あたりまえに、周りにあるもの」と答えたメンバーさん。
そうかぁ、そうですね。
「笑顔をあげること」とのお答えも、ほのぼのといいなぁ。
「相手が辛いときに、支えになる。私が替わりになる。」ってのは、
強い愛情ですね。

この日が「JAZZで英会話レッスンに初めて参加した記念日。」
と言ってくださったメンバーさん。
私に初めて出逢った日を、覚えていてくださるんですね。
嬉しいなぁ。



この日は、ローズティでした。
薔薇の香りがうっとりと上品です。
小さなつぼみもカップに浮かんでいます。
歌詞カードも、薔薇の模様の上質紙にしてみました。
こんな曲を聴きながらのひととき・・。

なんとも優雅な時間が流れていったのでした。


参加してくださった皆様、ありがとうございました。
マスター、やさしいローズティをごちそうさまでした。


~ おまけ ~

この日、おもいがけなく
お誕生日のプレゼントをいただきました。
嬉しい・・・。


b0136281_22325792.jpg
[PR]
by meg322-411 | 2009-03-27 21:30 | JAZZレッスン