教室からの風景・・・。


by meg322-411
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セレンディピティのお話


今回のレッスンでもう一つ取り上げたのは
「serendipity セレンディピティ」でした。
カフェの名前になったり、映画が作られていたりして
面白い言葉だなとずっと思っていたのです。
TV番組「ベストハウス!1,2,3」でたまたま特集されていた。

えっと、ウィキペディアではこんな風に説明されています。

セレンディピティ(英: serendipity)とは、何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」のことを指す。(平たく云えば、ふとした偶然をきっかけに、幸運を掴む事。)



英英辞書では以下のように説明されている。

Serendipity: the natural ability to make interesting or valuable discoveries by accident

– Longman Dictionary of contemporary English




ただし、このような起源を持ち、辞書で上記のように説明されているにもかかわらず、日常会話などで、セレンディピティが発見する「能力」を指していると理解せず、発見した「幸運」と誤解してしまう人もいる。単なる幸運ならばluckとでも表現すれば済むところをあえてserendipityと表現するのはそれ相応の理由があるからなので、serendipityを単なる "幸運" や "偶然" と理解することはやはり誤解や理解不足と言える。


分かりにくいですか?
日本語にならない言葉とされているそうですから。



つまりは、例えば
TV「ベストハウス!1,2,3」で紹介していた安全ガラスの発明。

ある日、洗わないままにしていた実験で使うフラスコを落としてしまう。
でも、実験で使っていた液体が接着剤みたいになって破片が飛び散らない。
でも、このときはそのままで何事も起きないんです。

TVでたまたま、自動車事故でガラスで悲惨な怪我をした少女のニュースを見る。
その後、珍しくまた同じようなニュースを見ることになる。
どうしたらいいのか考えているうちに、ひらめくんですよね。
あの「落としたフラスコ」を。

分かります?
実験は最初の段階では失敗なんです。
でも、ずっと考えているうちに、事故と結びつく。
そして「安全ガラス」が発明されるんです。

大事なのは、ずっと何かに努力していること。
そして失敗を恐れないこと。
出会いを注意深くみること。

それと、最初から目的に向かってまい進しているわけではないことが面白い。
ひょいっと「それ」はやってくるというか 降りてくるものなんだろう。

「努力して待っているからこそ、幸運が舞い降りてくる」のだそうだ。

幸運がやってくるのを待っているんじゃなくて、
ご褒美なんだから、「やってきたらもうけもの」ってなもんですね。
「気づく」というのも大切な要素だ。
何事も「出会い」に気づけなくちゃ始まらない。
出会ったらそれをうーんと面白がる気持ちも大切。

つまりは、そういう心の動きがしあわせってことなのかもね。


カフェZでこんな風にみんなで笑っていられるのは
う~ん、幸せだ。


b0136281_23393979.jpg

[PR]
by meg322-411 | 2009-02-27 23:40 | JAZZレッスン